まいたけ の ブログ 。

序盤16は実質20

D振りメガルカリオ 調整

f:id:potenyokki:20180310013244j:image

Dに厚く振ったメガルカリオを目にして、自分も臆病アーゴヨンに強めに出せるメガルカリオを作ってみよう。と思い調整をしました。このメガルカリオを使用し実績を残してから公開をしようと思っていたのですが控えめ色違いアーゴヨンが配布されたことにより控えめアーゴヨンを使用する方が増えると思い臆病アーゴヨンが主流となっているこの時期のうちにこの構築を公開しようと思いました。

相変わらず文章を書くことがとても苦手なので読みにくい点があれば指摘してくれると嬉しいです。

 

ルカリオ@ルカリオナイト

陽気H28 A52 B4 D220 S204 

実数値(メガ時)H149 A172 B109 D118 S173

インファイト コメットパンチ しんそく じしん

S 意地メガボーマンダ抜き

H 最初は16n-1になるようにしていたけどそれだとサイコフィールド下の控えめテテフのサイコキネシスの乱数が大きくなってしまった為Hを削りDに振り…を繰り返した結果H149になってしまった。別に10n-1にしようと思ったわけでもないし、10n-1にしたところで意味もない。

A 残り

B 端数

D アーゴヨンの大文字、テテフのサイコキネシスをいい感じの乱数まで。

 

耐久調整

サイコフィールド下の控えめテテフのサイコキネシス 86.5〜102.6%  (87.5%の確率で耐えます

臆病アーゴヨンの大文字84.5〜100.6%(93.8%の確率で耐えます

臆病ゲッコウガの珠ハイドロポンプ71.8〜84.5%

エレキフィールド下の臆病コケコの10万ボルト63〜75.1%

無振りのメガルカリオとの差別化ができるものがこれくらいしかない…Dに振ってもZ技打たれると耐えられない。

火力 

コメットパンチ

無振りテテフ 171〜201.3%

無振りアーゴヨン85.1〜101.3% 

無振りコケコ 77.2%〜91.0%

インファイト

HB輝石ポリゴン2  77〜91.6%

変幻自在でタイプが変わって格闘が等倍のゲッコウガ 122.4〜144.2%

HBナットレイ 86.1〜103.8% A252の場合は高乱数1発だがAを削った為低乱数1発になってしまう。

 

しんそく

無振りアーゴヨン 37.8〜45.2% コメットパンチ+しんそくアーゴヨンを落とせる。

無振りコケコ 34.4〜40.6% アーゴヨン同様コメットパンチ+しんそくで落とせる。

 

地震を搭載した理由は使っていたパーティがギルガルドにとても重かったからなのですがシールドフォルムには半分入らないし、アーゴヨン、コケコにも高乱数1発、しかもコメットパンチ+しんそくで落とせるので冷凍パンチやリザードンピンポイントのストーンエッジ、火力を上げる為の剣の舞などの方が良いと思いました。

 

使用した感想はスカーフテテフやアーゴヨンと対面したり自分が後出しでこのルカリオを投げたとき、基本相手は居座って攻撃をしてくるのでそれを耐えてテテフやアーゴヨンを落とすのがすごい気持ちよかったです。多少Aを削っても適応力があるために充分火力が出るのがメガルカリオの良いところだと思います。